ABOUT:デザイン工房について

 

デザイン工房は、エンジニアリング・デザイン教育推進の一環として整備された工房です。
ひとりひとりのものづくり(パーソナルファブリケーション)を支える空間として、本学学生の「ものづくり」を通して得られる能力・知識(エンジニアリング・デザイン能力)の向上を支援しています。

 

Q.なにができる?

「ロボットを作りたいが設計に合うパーツがない」「ものづくりをする場所がない」「アイデアはあるのに知識不足」「見た目(デザイン)がいまいち」「相談する相手がいない」etc……、ものづくりに悩みはつきものです。

デザイン工房ではFabLabに標準的に設置してある機械、またそれらに使用する材料を利用でき、ものづくりの問題解決を支援します。その他、工房スタッフへの相談もできます。

※工学部と情報工学部では、利用方法が若干異なります。

 

Q. FabLab(ファブラボ)?

ファブラボは、デジタルからアナログまでの多様な工作機械を備えた、実験的な市民工房のネットワークです。
個人による自由なものづくりの可能性を拡げ、「自分たちの使うものを、使う人自身がつくる文化」を醸成することを目指しています。
デザイン工房は本学学生を対象として、個人またはチームによる自由なものづくりの場として利用されています。

FabLabについて詳しくはWEBで検索してみてください。