HOW to USE:デザイン工房@戸畑

場所 未来型インタラクティブ教育棟2階 [地図]
利用方法 学生スタッフ在室時に利用 → 下記「利用方法」を参照
利用時間

 学生スタッフ在室時に利用 →  8月開放日 
→ 下記「利用方法」を参照 

設備・道具類 

  • 3Dプリンター
  • レーザー加工機
  • カッティングマシン
  • ミリングマシン
  • 作業工具
  • その他

冬季休業期間の閉鎖のお知らせ(2016年12月8日更新)

2016年12月23日(金)~2017年1月9日(月)の期間中, デザイン工房は閉鎖いたします.

2016年は12月22日(木)が最終開放日です.
2017年は1月10日(火)から開放予定です.

閉鎖期間中は製作物の取り出しも含め、学生スタッフによる対応ができませんのでご注意ください.
余裕のある製作スケジュールを立てて取り組みましょう.

緊急告知 (2016年6月10日)

3Dプリンタ(大)の材料費課金について

授業や研究で3Dプリンタ(大)を利用する場合は,使用量に応じた材料費を負担いただくことになりました.詳しくは[関連書類]の「3Dプリンタ(大)の材料費課金について」をご覧ください.

授業利用に関するお願い

戸畑デザイン工房を授業で利用する際の注意点をまとめました.詳しくは[関連書類]の「戸畑デザイン工房の授業利用に関するお願い」をご覧ください.ご協力お願いいたします.

 

利用方法

戸畑デザイン工房利用手順 

1.戸畑デザイン工房(以下「工房」)の利用手続きは,すべて工房の現場で処理します.
 まずは「未来型インタラクティブ教育棟2階」の工房にお越しください.
 (1)事前の予約は不要です.設備が使用可能な状況であれば,予約なしでも使用できます.
 (2)使用状況や予約状況は工房でご確認ください.Live Campusでは確認できません.

2.スタッフが対応可能な時間帯のみ利用可能です.
   (1)スタッフの在室予定は,工房かこのWebサイトでご確認ください.
   (2)スタッフ不在の時間帯は施錠しています.
   (3)授業での利用をご希望の場合は,下記関連書類の「授業利用調査票」をダウンロードしてご記入
       いただき,「tds-info@ltc.本学ドメイン(=kyutech.ac.jp)」宛に送付してください.

3.工房利用時に学生証とユーザ登録証が必要です.
 (1)工房利用時初回にユーザ登録証を発行します.
 (2)ユーザ登録証を提示し,学生証で学生番号を記録しないと工房を利用できません.

4.作業終了時に利用記録の提出義務があります.
 (1)利用記録をその場で提出してもらいます.記録用紙は工房に用意しています.
 (2)電子ファイルで提出する場合は,最新版のテンプレー トを使用してください.

5.注意事項
 (1)利用規約と利用心得を順守し,スタッフの指示に従ってください.
 (2)規約・心得の違反を繰り返したり,スタッフの指示に従わない場合は,以後の工房利用を
       認めません.
 (3)スタッフは専門家ではありません.利用者とともに学びながら成長していきます.過度の
       期待をしないでください.
 (4)利用手順,利用規約,利用心得は,必要に応じて修正します.最新の情報に従ってください.

2016年6月14 日 戸畑デザイン工房運営委員会

関連書類

ダウンロードし、ご使用ください。

3Dプリンタの材料費課金について〈pdf〉
戸畑デザイン工房の授業利用に関するお願い〈pdf〉

3Dプリンタ利用計画書について〈txt〉
利用記録テンプレートv01(戸畑デザイン工房)〈pdf〉
利用記録テンプレートv01 (戸畑デザイン工房)〈txt〉
授業利用調査票v01 (戸畑デザイン工房)〈txt〉

利用心得 第1版(戸畑デザイン工房)〈pdf〉
利用規約 第2版(戸畑デザイン工房)〈pdf〉

過去の開催イベント

3Dプリンター利用説明会【平成27年11月26日(水)開催】